2016年07月06日

暖かい家

みなさん、こんにちは福重です

今年も半分が過ぎ去り、7月になりました
梅雨が明け夏本番ですね! 気温も連日30度を超えています
宮崎の、長い、長い、夏が始まります!


さて、興味深い記事がありましたので紹介します
日経ホームビルダーに掲載されていたものです


日本には既存住宅が約6000万戸あると言われている
その中で、暖かいといえる基準の住宅は全国で5%にしか満たない
鉄筋コンクリートのマンションは暖かいと、誤解されている方が多いが
マンションが暖かいことが多い最大の理由は、上下左右が部屋に
囲まれていることが多いからです


木造住宅に比べると、特別な工事をしなくても気密性能が
高くなりますが、最上階や角部屋に住んでいる人は決して
それほど暖かいわけではなく、複層ガラスの普及率も木造住宅に
比較するとかなり低い採用率になっています(2013年で約6.5%)


「ここからが興味深い」

その結果、暖かい暮らしを経験したことがある比率は、
全国の既存住宅約6000万戸の内、なんと10人に1人だと
いうデータが紹介されていました

そして、極めつけが暖かい暮らしを経験として持っている
設計者は30人に1人しかいないということでした!!
経験が無い設計者が、良い提案は出来ないでしょうね!


これでは、いつまで経っても
「暖かい家」なんて普及することは難しいですね!



6月26日に、宮崎県でも20回目となる
「後悔しないための賢い家づくり勉強会」を開催いたしました
毎回キャンセル待ちが出る人気の勉強会なのですが、
せっかく勉強会に参加されても「暖かい家」を選択されない方が
圧倒的に多いのにも、なぜか納得させられました!


IMG_4569.JPG


経験が無いとは「恐ろしいものです」
悲しい限りですが、これが現実のようです!
私自身の力不足を痛烈に感じさせられますね!


そして、
暖かい家を「求める」傾向が強い人は、
「一度は鉄筋コンクリート造の中部屋に住んだ事がある人」
(最上階や角部屋はNGです)
「北海道に住んだ事がある人」、「欧米に住んだ事がある人」

という事だそうです!


そして、これが厄介なのですが、
暖かい家に住むのを「阻害する」傾向が強い人が
「生涯無断熱住宅にしか住んだ経験が無い親や身内」
ということのようですね!

これには私も「納得」同感です!!


「暖かい家」を造ることを反対する人は、
あろうことか「暖かい家」に住んだ経験の無い身内だったのですね
せっかく「失敗しないために」「後悔しないために」と勉強会に
参加して頑張っているのに・・・  


「経験が無い」とは恐ろしいことですね!


それでも、省エネで快適な「暖かい家」は必ずあります!
これからも、精一杯伝えていきますので信用して下さい!


そして、経験の無い抵抗勢力に負けずに
「暖かい家」を造ってくださいね! 応援しています!


リブハウジング 福重 伊織




posted by 福重 伊織 at 21:07| 日記