2017年06月23日

シックハウス症候群

梅雨の季節に入り、雨が続いております
毎年心配なのが、現場の進捗状況です
足元も悪く遅れがちですが、
懸命に働く職人さんには本当に感謝です!


さて先日も、ある方から
「新築のアパートに引っ越して半年がたち、
鼻水や、目のかゆみ、頭痛に悩まされ、
子供たちの肌荒れもひどくなってきた」

昨今、このような話しを本当によく聞くようになりました


image_29383_640_0.jpg


これらの症状は新築の住宅や改築後の住宅などに見られる
「シックハウス症候群」と言われる症状の特徴です


シックハウス症候群とは、建材や内装材などから揮発する
化学物質を体内に取り込むことで生じる健康被害です


トルエンやキシレンなどの化学物質は
空気より重いため室内の床付近に溜まり
ハイハイしかできない赤ちゃんや
子供が一番影響を受けてしまいます


子供は化学物質にとても敏感で、大人の二倍の
化学物質を吸収すると言われており
シックハウス症候群を発症すると重症化するケースが多いです


現時点でシックハウス症候群でなくとも、
原因物質が飛散している状態なら、
許容量を超えた時点で発病してしまいます


花粉症を例に挙げると解りやすいかもしれませんね
昨年までは問題なかったのに今年は目がかゆい、鼻水が止まらないなど
突然花粉症になったという話しはよく聞く話しですね


環境省の資料によると「塗料や接着剤は体によくない」
「体に取り込まない工夫をしましょう」と書いてあるほどです


私どもリブハウジングが一番に建てていただきたい家とは
そんな化学物質とは無縁の「無添加住宅」です


塗料や化学接着剤をそもそも使わずに造る「体に優しい家」
そんな家があるということを一人でも多くの方に
知ってもらいたいと思っています!


体に優しい家「子供たちの健康を守る無添加住宅」を
これからも造り続けていきます!!



リブハウジング 福重伊織

posted by 福重 伊織 at 23:26| 日記